デトランスaの痒みが耐えられない人はデオエースがおすすめ

デオエースってどんな商品?

デオエースはデトランスaと同じ会社で製品化されたポーランドのデオドラント商品です。

 

初めて販売されたデオエース(Deo-A)は成分濃度・持続効果をUPさせたデオエースEX(Deo-A EX)に新たに改良され、人気も高まりつつある商品でインスタグラムにもアップされる数が増えてきています。

 

 

 

デオエースの特徴は?

 

アルコールフリーの全身用デオドラントで脇以外にも使えるくらい低刺激のデオドラントです。
肌の弱い人や、中学生以上のお子さんなどにも使いやすい商品です。

 

デオエースは医薬品、医薬部外品に該当する商品ではなく海外化粧品に分類される為、必ずしも効果を保証された商品ではありませんので注意してくださいね。

 

デオエースの大きさや形は以前はチューブ式のロールオンタイプでしたが、デトランスaと同じ形のロールオンタイプに変更になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デオエースとデトランスaの違いは?

デトランスaとデオエースの最大の違いは、肌への刺激(痒み)です。

 

デトランスaを使った事がある人ならわかりますが、肌への刺激が強すぎて使い続けれない人も少なくはありません。

 

その原因はデトランスaの塩化アルミニウムが配合されているからです。

 

しかし、デオエースには塩化アルミニウムの代わりにクロルヒドロキシアルミニウムに変更されています。

 

クロルヒドロキシアルミニウムって何?って思う方もいますので、制汗作用が高い成分をご説明します。

 

 

代表的な制汗作用が高い成分ランキング

 

 

第1位 塩化アルミニウム

 

 

塩化アルミニウムは汗腺から出る汗と反応し変性することによって汗を抑えます。汗腺に蓋をするイメージです。
日本ではワキガや多汗症の治療薬として塩化アルミニウムが処方される場合もあり、制汗効果が高い成分です。

 

 

しかし、副作用として肌への刺激が強すぎるケースが多く、デトランスaの主成分は塩化アルミニウムが配合されているので制汗効果が高いが肌トラブルも多いのが特徴ですね。

 

 

第2位 パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

 

第3位  クロルヒドロキシアルミニウム

 

 

第4位  硫酸アルミニウムカリウム(ミョウバン)