デトランスaの痒みを抑える方法はある?

デトランスaのかゆみの原因は?

デトランスaのかゆみの原因を知っていますか?

 

知らずにデトランスaはダメな商品。外国製品だから信用できなかったね。と思うのはまだ早いです。

 

デトランスaのかゆみが出てしまう人は、かなり多いみたいですが、その原因には理由があります。

 

まずは、どうしてかゆみが出るのか?知ることが大事です。

 

デトランスaのかゆみは塩化アルミニウムが原因

 

 

塩化アルミニウムは汗と合成すると、水塩化アルミニウムに変化し、その時に塩酸も一緒に生成されます。

 

この塩酸が、肌のかゆみや荒れといった肌トラブルを招いている原因ですが、デトランスaが痒くなったり、かぶれたりするのは、塩化アルミニウムの濃度が高いからと考えられます。

 

塩化アルミニウム濃度が高い商品をPICKUP!

 

 

デトランスa

 

塩化アルミニウム含有率 脇汗用 10.27%  

 

オドレミン

 

塩化アルミニウム含有率  13%

 

AHC20センシティブ

 

塩化アルミニウム含有率 20%

 

 

塩化アルミニウム濃度が高い商品はAHC20センシティブで、なんとデトランスaの倍近くの塩化アルミニウムが含まれています。

 

濃度が高い分、痒みも出やすいことは事実ですが肌が強い人、どうしても脇汗を止めたいと考えている人からは高評価を得ています。

 

 

流れる程も汗はかきませんが、緊張したり暑さを感じると一気に汗が吹き出てきます。色々試してきましたがこの商品が一番効果あるかと。効果がある分副作用(痒み)もあります。でも汗を止めてくれるなら痒みなんて苦になりません☆本当に悩んでる人にはおすすめ!

 

@コスメさんから引用

 

 

 

塩化アルミニウム濃度が高い事で、汗を抑える効果が見込めますが、デトランスaでかゆみが出る人にとっては、オドレミンやAHC20センシティブは、
更に痒みが出ると予想できます。

 

その他の成分で肌のかゆみを抑える効果もありますが、オドレミンに関しては、塩化アルミニウム・グリセリン・水といった実にシンプルな成分しか入っておらず、
上記の3つの商品の中で一番、かゆみを感じやすい商品かもしれません。

 

AHC20センシティブはデトランスaに比べて、およそ2倍の塩化アルミニウム濃度があり、肌のかゆみを抑える成分が入っていたとしても、デトランスaよりも痒みが出やすいのは、予想できます。

 

デトランスaのかゆみが出ないケア方法はあるの?

デトランスaを初めて使う時、本当に痒くなるのかな?と、不安だけど、実際どうなんだろ?と思っていたのですが、まあ、試してみようと思って使ってみると、

 

本当に痒くなりました!

 

 

なので、初めて使う人って結構、痒くなってるんじゃないかなと思っています。

 

でも、デトランスaは痒みが出やすいですが、使用方法を間違っていると痒みが出やすくなったりします。

 

まずは、デトランスaの説明文に記載されていた内容を述べると、

 

  • お肌に合わない場合があるので、初めはコットンに少し含ませてからご使用下さい。
  •  

  • 使い始めは1日1回にして下さい。
  •  

  • 就寝前のお風呂を済ませた清潔な状態で使用して下さい。
  •  

  • 使用後、完全に乾かしてください。
  •  

  • 翌朝に脇を軽く洗い流す事をおすすめします。

 

 

このような内容になっていますが、管理人は正直、家にコットンなんてないし、ロールオンタイプだし、そのまま使っていましたが、
当然、かゆみがでてきて、苦痛でしかなかったです。

 

でも、ワキガを抑えたかったし、ちょっと脇毛が生えていない脇の横らへんが赤くなっていたけど、3日位続けていると、かゆみは出なくなりました。

 

基本的に肌は弱い方ではない管理人なので、肌の弱い方はどうなのか?と思いますが、まずはデトランスaの説明通りに使うことが重要です。

 

 

こんな人は気をつけて

 

次に、このような方は注意しないと痒みが出やすいと思います。

 

  • 肌の弱い人
  •  

  • ワキ脱毛している人
  •  

  • 腋毛を剃った直後の人

 

肌の弱い人って漠然としすぎるんですが「私って肌弱いかも?」と思っている人は注意した方がいいです。

 

また、脇毛を剃ったり、脱毛している人も注意しましょう。

 

で、なんで注意しないといけないかというと、デトランスaを塗りすぎるからです。

 

 

管理人も始めて使った時は、脇毛があったにも関わらず、ロールオンを直でグリグリ脇にこすりつけていました。

 

これがまず、ダメです!

 

公式では、

 

お肌に合わない場合があるので、初めはコットンに少し含ませてからご使用下さい。

 

と記載されています。

 

 

デトランスaを使って痒みが出る人って、もしかすると

 

どれだけ塗れば、効果があって痒みがでないのか?といった塗る量を調整できていないかもしれません。

 

管理人も、2日目、3日目、一週間と毎日1回使っていましたが、日に日に痒みはなくなっていきました。

 

ワキガを抑える効果は、翌日から実感できていたので、あとは脇のかゆみをどうにかするだけだったので、毎日どれだけ塗ればよいのか見極めるだけでした。

 

ただ、初めて使う場合は、どれだけ塗ればよいのかわかりませんので慎重にやるしか方法はないし、まだ使ったこともない商品なので、
管理人みたいに直でロールオンして塗るのではなく、コットンなどに少量を含ませてから、ちょっとづつ確かめてから使う方がお利口なやり方です。

 

 

始めて使った時に、強い痒みがでちゃうと、人間ってその印象が頭から消えなくて、次痒みが出たら過剰反応になる場合もありますからね。

 

初めて使う場合は、コットンなどに含ませて少量から使う方法がベストです。(もちろん、脇毛がある人もコットン使いましょう。)

デトランスaのかゆみが出た場合の対処法は?

 

 

かゆみが出た場合は、すぐに洗い流す事です。

 

デトランスaの痒みの原因は、塩酸が肌にダメージを与えているからです。

 

一定量のダメージを超えると痒みやかぶれ、肌荒れを起こして身体が信号を送っている合図ですので、

 

すぐにデトランスaの成分を洗い流す事が重要です。

 

 

痒みが出た後、肌に異常がなくなってから再度使用できますが、

 

脱毛後、除毛後すぐに使うと、かゆみを帯びやすいです。

 

 

また、デトランスaの塗る量や、使用方法に気をつけながら使ってみたけど、どうしてもかゆみが出てしまう人も必ずいます。

 

そうした方は残念ですが、デトランスaとの相性が悪かったと諦めたほうが良いでしょう。

 

痒いのに、ずっと使い続けるのも、かなりしんどいですね。

 

どうしてもデトランスaが無理だった場合は?

デトランスaは当管理人の中で一番、ワキガの匂いを抑えてくれる制汗剤だと思っています。

 

デトランスa自体は、汗を抑える商品なので、ワキガに効果のある商品だとは明言していません。

 

 

ですが、脇毛の原因も汗によるもの、言葉は悪いけど、ワキガは海外では当たり前です。

 

その海外でも認められているデトランスaは実際、ワキガの人でも使ってみると良いと思っていますが、

 

デトランスaの副作用(かゆみ)がどうしても、日本人には合わない傾向もあるみたいなんですよね。

 

 

そんな人は、管理人が実はデトランスaと同じくらいワキガにおすすめ商品があって、たまに併用して使っていることもあります。

 

 

デオシークというワキガケア商品ですが、ワキガに効果のあると実証されいる商品なので安心です。

 

日本製でワキガ効果、肌にも優しく、ボディーソープやサプリメントなど、ワキガケア商品の中では一番評判のある商品です。

 

デオシークの商品を購入するには公式サイト殻が一番オトクです。

 

 

 

 

 

 

下のサイトでは、デオシークの事を詳しく書いてます。

 

 

もう匂わせない!男性ワキガに効果があるデオドラントは?