服選びを間違えるとワキガは倍増する

ワキガ臭が倍増する服の素材を知っていますか?

 

カッターシャツ

 

ワキガ臭が倍増する服の素材は、ずばり ポリエステル素材の服 です。

 

ポリエステル繊維は化学繊維でできており、特徴としては軽くて丈夫で縮みにくい素材ですが、デメリットとしては綿よりも汗の吸収性が低く、通気性も悪い部類です。

 

現在の衣服では、ポリエステルは他の素材と組み合わせて使われたりしていますが、ワイシャツなどはポリエステル100%が多い為、ワキガにとっては最悪の衣服と言えるでしょう。

 

なぜかというと、脇の汗を吸収しづらい為、脇の中でワキガ臭が発生しやすく、やがてニオイが充満し服にワキガ臭として移ってしまうからです。

 

ポリエステル素材は液体は吸収しにくいですが、気体としてニオイ物質は移るからです。

 

こうなると、その日はワキガケアも難しくなり、お風呂に入ってしっかり身体を清潔にするまでは、いつまでもワキガ臭がする状態になってしまう恐れがあるので自分の着ている服には注意するべきです。

 

ワキガ臭を抑える服の素材を選ぶなら綿一択!

では、ワキガ臭を抑えるにはどのような素材を選べばよいかと言うと 綿 が一番良いです。

 

なぜかというと、適度な吸収性、通気性、肌触りが他の素材よりもワキガに適しているからです。

 

というよりも、他の素材、ポリエステル繊維やナイロン素材などはワキガ臭を発生、拡散しやすいからです。

 

綿素材

 

 

適度な吸収性というのは、脇の汗を吸収して綿素材に閉じ込めてくれる事でワキガ臭になりにくい為で、綿の通気性もほどよく、脇汗でずっと湿っている状態にはなりにくいので、ワキガにとってはこれ以上ない素材です。

 

人間の肌にとってストレスを感じさせない綿はワキガ臭を抑える衣服としても、しっかり機能してくれます。

 

例えば、通気性の良い麻もワキガにとって良いかと言うと微妙です。

 

通気性が良すぎると、ワキガ臭を拡散させやすくなり、周囲にバレるリスクも高まります。

 

逆にナイロンやウールなども気密性が高まる素材なので、ワキガ臭が籠りやすくなりますよね。そのため、冬の方がワキガ臭が強くなると言われたりします。
ただ、服の寒い日は良く着る服の素材ですので、どうする事もできませんが、一点だけ注意が必要です。

 

ヒートテックを下着にするのは危険

 

冬の季節の良く使われるヒートテック、この素材はほぼポリエステル素材でできていて、ワキガにとても不向きな素材です。
ヒートテックは人の汗を吸収して発熱し温めてくれる仕組みなのですが、そこにワキガの原因であるアポクリン汗腺の汗が付着するとどうなるでしょうか?

 

まさにワキガの汗がびっしょりついた服を乾燥機にかけるようなものです。

 

そのような状態は、いわば服からワキガ臭がする状態ですので服を取り換えるしかワキガを抑える方法はありません。

 

また、ヒートテックはインナーウエアとして使用している場合でも、臭い移りが発生しやすいのではないでしょうか。(インナーウエア → アウターウエア)

 

ヒートテックはワキガではない人でも、汗臭さを感じやすいといった声もあるので注意が必要です。

最低でもインナーシャツは綿素材を使おう。

綿素材がワキガにとって重要なアイテムであるという事はわかっていただけたと思いますが、決してすべての衣服の素材を綿にしなくても良いです。

 

インナーシャツのみポリエステルよりも綿の素材を使うだけでもワキガを抑える効果は高まると思います。

 

ポリエステル素材のシャツを何度着替えても、ワキガ臭が抑えられないケースや毎日、夕方になるとワキガ臭が一気に強くなる場合は、綿素材のシャツを着て、しっかり脇の汗を吸収してワキガ臭が増えないようにしましょう。